headband

生命保険

定期特約付き終身保険

定期特約付き終身保険とは、その言葉通り”終身保険”の特約として”定期保険”をつける保険のことを指します。「定期保険と終身保険を別々に加入すればいいのでは?」と思う方も少なくないはずです。

別々に加入するのと、特約として付属させるのでは何が違うのでしょうか?

実は、保障内容が同じだった場合保険料に差が出てくるのです。保険料は、「主契約+主契約」の2つに加入するより、「主契約+特約」の1つに加入した方が安くなります。

しかしこの定期特約付き終身保険には、思わぬ落とし穴があります。更新時に保険料がアップするのです。大きく保険料が跳ね上がる場合には、1,5〜2倍と言うようなケースもあります。

また定期特約付き終身保険には、「全期型」と「更新型」があります。全期型は、保険契約期間全期にわたって特約が付いているタイプの商品です。更新型は、更新時に特約を更新するかしないか決めることが出来るタイプの商品です。たとえば定期特約が短い期間(子供が成人するまで等)しか必要のない場合は、更新型の契約をしておくほうが保険料が安くなります。

ですから、定期保険と終身保険が必要な場合、どの様な契約形態を取るのが一番無駄が少ないのか、しっかり検討するようにしてください。

pagetop